LifeとWorkと平穏と

~子育ての日常を平穏に過ごすために行っている事~

車を洗う。外ではなく中を。

 いやー、暑いですね。

少し歩いただけで汗が凄いですが、そもそも外にいられない程の陽射しの強さ。

涼しい家の中に居るのが正解ですね。

 

そんな暑さが厳しくなる前の朝9時頃から、前からやりたかった洗車を行いました。

今回は、いつもの外の洗車ではなく、中です。

 

いつの間にか小さな石が足元に溜まっている運転席。


f:id:Shima-koh-papa:20210807061709j:image

 

 

保育園で力一杯遊んでいた子供と一緒に車内に入ってきて車の中に居座る土、石がいっぱいな後部座席。

 

f:id:Shima-koh-papa:20210807172256p:plain

 

そして、特に気になっていたの、車内に乗り込む際に踏む部分。

小さな砂が表面にこびりついていて、布で拭くだけでは落ちなかったので、何とかしたいと思っていた所。

 

最後にドアの内張り汚れ。

社外に出るときにどうしても足をぶつけがちで、気づいたら傷も多くて土もいっぱいな所。

 

全部をやるのに1時間程度、最後は汗びっしょりになりましたが、気持ちよく出来ました。

 

順番としては、

  1. フロアマットの剥ぎ取り、砂落とし
  2. 溜まっている石の除去
  3. 土が取れない部品の水洗い
  4. ドアの内張りを拭く

こんな感じで行いました。

 

最初にフロアマットを剥ぎ取り、土を落とすのですが、掃除を長い間しなかったら叩いたら叩いただけ土埃がで続けます。

前の車がそうでした。

本当に引くほど出続けますよw

 

N-ONEはまだまだ納車から半年の車なので、そんな事はありませんでしたが、気をつけて、定期的に叩いたほうが良さそうです。

 

次に溜まっている小さな石達の除去です。

これは、ハンディ掃除機に頑張ってもらいました。

このハンディ掃除機、車の掃除用として買っていながら3年程家の中でしか使われていなかったやつなのです。

少し話は逸れますが、子供が離乳食終わった後からは幼児用のスナック菓子を食べたりします。

当然カスがポロポロ落ちるのですが子供はそんな事は気にしません。

食べた後は椅子の上に粉が落ちていたりするので、この時の掃除を楽にするためにハンディ掃除機を買いました。

全然安いやつで、3000円程度のやつです。

これがホントに買って良かったものの1つで、スゴく便利なので、追加で車掃除用として買っていたのです。

そんな掃除機がいよいよ本来の目的で使える時がやってきました。

 

少し大きな音を出しながら、気持ちよく小さな石

を吸い上げてくれて、綺麗になりました。


f:id:Shima-koh-papa:20210807065358j:image

 

やってみての感想ですが、細かいところがあまり気にならない人は正直ハンディ掃除機よりもセルフスタンドに有る有料の掃除機(10分100円等の)でやった方がいいです。

セルフスタンドはフロアマットの洗浄機も置いて有るところも多いですしね。

 

こうしてハンディ掃除機でやるメリットとしては、時間を気にせずに細かい部分まで隅々まで気の済むまでやり続ける事が出来ると言う事。

私は、隅々までやりたい人、やり始めると止まらなくなってしまうので、ハンディ掃除機は合ってます。

 

次は、土が取れない部品の水洗いです。

拭いても取れないなら丸ごと水洗いしました。

外す行為はハードルが高いのと壊れても自己責任なのでやれる方だけのやり方です。

 
f:id:Shima-koh-papa:20210807173623j:image

外した後は、水をたっぷりかけて表面の砂を落とし、車の外側を洗うスポンジで軽く土を落としていきました。
落ちている事が分りづらいので3回ほど繰り返しあらいました。
その後は日陰で乾燥し、車に戻して終了です。

干している間に外した場所の石を掃除機で取っておきます。

 

最後はドアの内張りを拭いて終わりです。

 

最後は汗びっしょりになりながらの拭き取りでした。

 

とはいえ、車内がとても綺麗になったので最高な気分です。

 

たまには車内の清掃もどうですか?

 

夕方、妻と息子を迎えに行きながら、洗車をしている人を見かけて妻が一言。

「何で男の人は暇だと洗車するの?」

……はい。

 

台風来てますね。

何事もないように!