LifeとWorkと平穏と

~子育ての日常を平穏に過ごすために行っている事~

子供がいても運転が楽しい車に乗りたい!

 運転免許を18歳で取得してからこれまで、

・HONDA FIT(初代1.5S):CVT

・HONDA today MTREC :5MT

・HONDA today ポシェット:5MT

・NISSAN SILVIA S15 SPEC R:6MT

・TOYOTA TRUENO AE111 :6MT

・MB C class ステーションワゴン:AT

 

と様々な種類の車、合計で6台、全て中古で店舗または個人売買で所有してきました。
多くはスポーティな車に乗ってきていて、スライドドアの車を購入した事はありません。

私の1番の基準は、デザインです。
色々な機能がある車もいいですが、やっぱりデザインが好みだと毎日乗りたくなりますね。

デザイン以外で様々な車を乗り継いできた私の車を選ぶポイントを書きたいと思います。

 

 

これまで所有してきた車と、その時に感じていた事

 HONDA FIT(1.5S)


 初めて手にした自分の車です。近くにホンダオートテラスがあり、コンパクトカーでありながら広い車内だったので選びました。運転もしやすかったです。

この時に感じていたことは……

 

〇高速道路での合流時などで加速時の力強さを感じない。

 

これです。
スポーツタイプでもないので、しょうがないんですけどね。

FITに乗った事で車選びのポイントに、加速時の力強さを求めるようになりました。

 

あ、私は車選びのポイントに燃費も入っていません。
レギュラーか?ハイオクか?も気にしません。
最近の車はどの車も燃費がいいですね。
一般的な感覚とずれていることは認識していますw

 

HONDA today MTREC

 2台目です。ここでMTの車を購入です。その後同じくtodayを所有する事になったのですが、最初はMTREC 2台目はポシェットと違うグレードの車です。

 

 FITから乗り換えて別の車を所有したいなと考えている時に、たまたまtodayを売りたい方が現れ、その方から購入しました。

このtodayは、最高に楽しい車でした。

車体も軽かったこともあり、アクセルを踏めばストレスなく加速してくれるので、運転は快適です。加速時の力強さはしっかりとあり、満足でした。

そんなtodayですが、この時に感じていたことは……

 

〇 エアコンが効く車がやっぱりいい

 

古い車だった為にエアコンが効きませんでした。
夏は地獄。
これによって車のエアコンの重要性に気づきました。←当たり前ですねw

 

HONDA today ポシェット

 today MTRECですが、短期間で手放すことになります。

理由は、MTRECのtodayが欲しいから、代わりにtoday ポシェットをあげる。という人が現れたからです。
これを私は快諾したのですが、このポシェットのtodayは、モータースポーツの競技車両と同様に

・ドア・トランク開口部の溶接増

・エンジンのバランス調整

・足回りはオリジナル仕様

といった、信じられないほどの豪華仕様だったからです。

この頃既にサーキットに出かけたり、ジムカーナをやったりしており、このtodayで遊んでいました。

最終的にこのtodayも手放しますが、この時も理由は同じく、エアコンでした。
エアコンさえあれば、ずっと所有しておきたい、そんな車でした。

 

NISSAN SILVIA S15(SPEC R) 

 手放したことを今でも後悔してしまうほどの車でした。
車の本当の楽しさを知った車です。

デザインがカッコイイ。そしてFR。気持ちのいい加速。

ずっと欲しかった車でもあったので、所有する喜びで満たされていました。

この頃にダートトライアルという競技を始め、何とかSILVIAを所有したままに出来ないか?という考えで競技用に改造しましたが、やはりFRでダートトライアルで勝つことは難しいとなり、次の車へ移りました。

シートに背中が張り付くほどの加速ができる車を所有できたのはこの時だけです。

この車には何も不満はありません。ダートトライアルと競技をしていた事で手放したので。 もう一度欲しい。

TOYOTA トレノAE111

 SILVIAと交換した車。ダートトライアル競技用の車です。
SILVIAも面倒を見てくれていたショップのオーナーが、自分で遊ぶ為に作ったコンプリートカーでした。
乗れば感動するほど、車との一体感を味わえる車です。
競技用の車なので、bodyの溶接増しは当然されてます。
子供ができたと同時に競技も辞めたので、今は一時抹消してショップに置いてます。

感じていたこと……

普段使いは難しいです。
クーペなので、ドアが2枚しかない。

子供を乗せるのに、後部座席に直接アクセスできないのは致命傷です。
なので、乗っていません。

車選びのポイントにドア4枚以上が追加されました。

 

MB C classステーションワゴン

 車を購入しても直ぐに手放してしまう事を辞めるために、10年乗れる車。
という考えで探し、購入した車です。
セダンの方が静かで良かったのですが、ステーションワゴンの方がデザインが良かったので、そちらを選びました。

ですが、結果2年半しか乗ってませんww

 ・加速時の力強さには満足感はありませんが、妥協範囲

 ・当然エアコンは効く

 ・ドア5枚w

ポイントは満たしていましたが。

この時に感じていたこと……

 

〇後部座席が狭い

〇故障を少なくして欲しい

 

乗り心地最高。静か。運転もし易い。いい所だらけですが、後部座席が狭く、高速道路での長距離移動が苦痛だったのです。
これは、横幅ではなく、前後方向の足を置くスペースです。運転席に膝が当たってしまうのです。私の身長が180㎝あるのも一つ要因ですが。

 

故障は……いっぱいあったので、信頼性を感じなくなりました。たまたまかもしれませんが、ワーニングは頻繫に出て欲しくない。

この車を経験したことによって、後部座席の広さ、故障しないがポイントとして追加されました。

 

まとめ 車選びのポイント

  1. 加速時の力強さ
  2. エアコンが効く
  3. ドア4枚以上
  4. 後部座席が広い
  5. 頻繫に故障しない

以上5個がこれまで、所有してきた車から得たポイントです。
これを踏まえて、N-ONEを選んでいます。

 

N-ONEを選んだ理由

 初代N-ONEが出た当時、todayに乗っていたのですが、デザインがスゴく好きで、欲しい!と思いましたが、CVTしかありませんでした。
よくある、MTあれば買うのに……状態です。

 そして、C classに不満を感じ始めたその時、N-ONE RS 6MTが発売となったのです。

発売日翌日に早速試乗に行き、ポイントをチェックしました。

1,加速時の力強さ

 これって本当に軽自動車か?と思える加速でした。

2,エアコンが効く

 新車です。

3,ドア4枚以上

 5枚です。

4,後部座席が広い

 後部座席に座っても運転席に膝は当たりません。

5,頻繫に故障しない

 日本車という事で信じます。

 

購入しない理由はありませんでした。

試乗のつもりがその日に購入しました。

 

 

お気に入りの車なので、これから少しずつ自分好みのセッティングに変化させていく予定です。

 

あと、購入後に気づいた子供を乗せる時に良かった事です。

  1. ドアを開けて乗り込む時に、開口部と床に段差が無いので乗りやすい、降りやすい。
    子供が躓かずに降りれるので、本当にいいです。

  2. 後部座席のシートベルトが付け易い
    息子は4歳ですが、一人でシートベルト付けれます。ジュニアシートに座り、自分でシートベルトをする。凄く楽です。ルームミラーにシートベルト装着のチェックランプがついているので、シートベルトが確実に取り付けられているかも簡単に確認もできます。

  3. ドアが広く開く
    スライドドアの車ではなく普通のドアですが、大きく開いてくれるので乗り降りが楽です。

子育てする時は、スライドドアが欲しくなりますが、昔はドアの車しかなかったですし(チャイルドシートも義務化されていないですが)。

スライドドアの大きい車は1台別であるので、必要な時は、そちらを出動です。

 

正直、満足感もあるので洗車も続ける事ができてますね。
というより、こんなにも頻繫に車を代えさせてくれている妻に感謝です。

 

車は高価な物なので、頻繁に乗り換えることが出来ません。しかも買って後悔なんてもっと嫌ですね。

 

この内容が少しでもお役にたてれば幸いです。

 

では。

 

https://www.honda.co.jp/N-ONE/webcatalog/styling/design/image/bc_styling_rs_05.jpg

画像出展元: https://www.honda.co.jp/N-ONE/webcatalog/styling/design/

www.honda.co.jp