LifeとWorkと平穏と

~子育ての日常を平穏に過ごすために行っている事~

うまく出来るまで少々お待ち下さい

  10回目になりました。 昨日のつづきです。

lifeto-workto-heionto.com

 

 何事も継続が大事。今日も書きます。

 

うまく出来るまで少々お待ち下さい

 

f:id:Shima-koh-papa:20210331215234j:plain

家事の実力

昨日、

 ”パートナーに任せたら雑でヤダ。のような事を知人から話を聞くことがありますが、最初から求めている事のハードル高すぎやしませんか?と思う事もあります。”

 

と書きました。 私が経験した事を書きます。

 

 家事については、大体の事は手際が悪いです。

前の食事で使い、洗い終えた食器を乾燥の為に籠に入れていた事を忘れ、その食器たちが残ったまま洗い始め、洗ったお皿はどこに置けば?? という状況なんて普通にあります。(いまだにやる)

そもそも手際の問題ではない?

 

洗濯も、干し方を気にしたことはなかったですし。

乾けばよいのではなく、外に干したときにバランスが悪いと見栄えが悪いでしょ。と、妻に言われて気になるようになりました。

 

望むレベルでやれてないことは、ごめんなさいだけど、最初から妻の求めるレベルに到達するのはむりがある。

なので、最初にやりたいようにやらせてもうようにしました。

時間はかかりますが。ですが、自分で考えながらやることで、やることを覚えます。

その後に追加でやってほしいところを聞くようにしました。

それによってかなりのストレスが軽減しました。

 

実際には私が作業した後にフォローしてくれていたところもあります。

 

都度やりながら言われるよりは、任せてもらえたほうが責任感がでます。

 

 最初は全然うまくいきません。

先ほどのお皿を洗うという工程の後に何があるのか?が見えていないからです。

次にやることが分からないから、今の目の前の事だけをやって失敗するのです。

 

上手な人も最初から上手だった訳ではないはず。

 

なんども繰り返し考えながら(そんな余裕はあまりないけど。)やれば次第に上手なれる。なので、優しい目で見守ってくださいとうことにしました。

 

不得意なことは正直あります。

不得意なことは、上手な人のレベルまで到達することはとても難しいので、私は諦めています。 不得意なことは、最低限のレベルまでやって、あまく見てもらいながらやる。気になるのであればやってねと。 得意な方がやったほうが満足するし、また、どこまでやるのか?は人それぞれのレベルがあるので、足りないところは補い合っています。

 

洗濯を干すがまさにそうです。

妻が求めるレベルに到達しているのかは分からないですが、やるだけやって、それでもダメなら宜しくで納得してもらっています。

 

とはいえ、やり方を覚えないのは、妻のやることがただ増えることなので、成長することは大事です。

 

甘いのかも知れませんが、このようにストレスを抑えながやる事で続けられてます。

 

やるなら楽しく!

 

今日も気持ちのいい晴れだったなー。

息子は昨日から半袖。

 

では。